ブログ

秋の休日の過ごし方♫

みなさん、こんにちは。

今日はいろいろと病んでいるようなので、
気分転換に深川の銀しゃり鮭定食を食べてきました♫

こういう定食が大好きなんです(>_<)
深川の良い米をこういう感じでより美味しく食べられるようにしています、というおもてなしの工夫が伝わってくる💫
素材を活かした工夫のコンセプトは食に限らないので、
私はアッシュのレッスンでも随時取り入れるようにしている✨
レッスンを受ける受講生が素材なら、
私は素材たちの才能を引き出すための味付けとプランニングをする調理人であり、スカッシュの世界に活気をもたらすエンターテイナーとしての工夫を役割としたいと思っている。
食檄のソーマの主人公のように素材を活かすことを知るためにゲテモノ料理からも価値を見出すことのできる視野にこれからもチャレンジしていければと思っている♫
美味しい幸せを提供するための姿勢はコーチングでも子育てでも、その他諸々きっと同じようなエッセンス(本質的要素、真髄、中身)が詰まっているのだと思う( ̄◇ ̄;)

さらにこの日はとてつもない秋晴れの日でした💫

更なる気分転換に目を向けたのはちょっとした登山でした( ̄▽ ̄)
ここまで行ってきましたよ( ̄◇ ̄;)

深川インターを街とは逆方向に登っていった峠から、
沖里河山スカイラインというスタイリッシュなネーミングをを見事に裏切る砂利道を約5キロ走った先にこの風景はありました♫

でもそんな砂利道林道も私には愛しかった💫

秋の夕日と散る直前の白樺の道が美しかった✨
もう空気が冷たくて長くはとどまれなかったけど、
風が木々にざわめく音の揺らぎに耳を澄ませる。
わずかだけどそんな静寂に佇めた機会に感謝だ♫

道中、黄金色に輝く芒(すすき)の風景にも出会えました(>_<)

かつて・・・
もう15、16年前のことになる( ̄▽ ̄)
夏から秋にかけて関東及び北海道の山々の登山にハマった若者は山から山への縦走にときめいていた( ̄◇ ̄;)
あれは甲斐駒ケ岳(2967m)に挑んでいたときのことだった。
なんか、あのとき見た芒の風景があったような、なかったような・・・と、とにかく秋を迎えるたびにもう一度芒のハラッパのような光景に出会えたらなぁ、とずっと思っていたら、なんかそれらしい片鱗に北海道でも見られてちょっと嬉しかった(>_<)
ただそれだけの話( ̄◇ ̄;)


斜面を登り続けた先に
突如として開ける広大な視界の広がりからの感動を思い出しました(>_<)

上ばかり見上げて辿り着いた先には
とっても広くてきれいだった💫
パノラマ写真〈普通写真〈ビデオ〈自分の足と目、ですね( ̄◇ ̄;)
当たり前だけどだいたいは実体験以外にほとんど意味がない。
今度はお弁当持ってもっと本格的な感じで山に行こ♫
秋のお天気、そんな気分にさせてくれてありがとう✨

それではまた明日〆

9月17日(祝・月)の臨時営業のお知らせ♫とくだらない話( ̄◇ ̄;)

みなさん、こんにちは。

現在ビデオゲームをしている時間は30〜60分程度だけど、
ゲームを観ている時間はその倍くらいはあると思う。
去年の春に小説書くのやめてからスマホでゲームの実況配信を見るようになった。
ゲームに熱中することなく、
仕事しながら物語の進行に息をのむ。
ゲームに手を塞がれることなく別の作業ができるだなんて、便利な世の中になったものだといろんなゲームがあることをしみじみと外から眺めてきた( ̄▽ ̄)
それが今では実況配信する側に( ̄◇ ̄;)
テレビ画面にかじりつき、
テレビ画面に向かって話しかけ、
動画の様子を確認して、
毎回配信のテーマに沿った編集した写真を貼り付ける( ̄◇ ̄;)
例えばこんな感じ💫

進化したプレイステーション4の高画質クオリティとゲームの世界を夢中で楽しんでいる感じを声に出して毎日配信してます。
もちろんスカッシュ試合やレッスンの様子も考えているのですが、こっちはちゃんとしないと的な感じがあって動き鈍いですね。※適当にできるスタイル見つけたら連発したい♫

昨日はせっかくカズマと配信できたのに声が入ってないとか!
これ2回目で同じ失敗繰り返してる自分が許せない!
次からはアップデート後の配信と声が入っているかの確認等かならず気をつけるようにしようと心に刺さったのでした( ̄◇ ̄;)
どうやらこの手のことから配信活動が私にとってとても大切だということがよくわかるのでした( ̄◇ ̄;)
ゲームも楽しいけど、
配信を通じて”楽しい♫”を伝えているくだらなさが私には気に入っている✨
私にとってスカッシュもゲームもすべての関係が同じなのだ。
理解されるのは難しいけれど人生とはそういうものだというのを、
命がけで伝えていきたいと思う。

本格的に配信活動を始めて1ヶ月、
“楽しい♫”という形なき何かを伝えること、発信することは
私にとってことのほか大きいことを実感している。
アッシュのチャンネル⬇︎⬇︎⬇︎
https://www.youtube.com/channel/UCBjTVdx1iq1XjUssjBnrauA
平日16時と夜11時くらいに生放送しているので、
チャンネル登録して通知を楽しみにしてくださいね( ̄◇ ̄;)
早く大会来ないかな( ̄▽ ̄)

さて、9月17日(祝・月)は臨時営業します。
悩んでいたのですが、
以下の形式で営業しています。

ビデオレッスンでは、
ラケットを効率よくしならせるためには、
身体のどんな動きが必要なのかをチェックしますよ♫
良ければ遊びにいらしてください💫

それではまた来週〆

スリッパとノートとパフォーマンス・ルーティーンのお話

みなさん、こんにちは。

明日は10月キャンペーン告知のための撮影をします。
17:45〜18:15の間で行う予定です。
いろんな人が楽しんでいる様子と
アイラケットを強調した写真を考えています♫
撮影→広告→集客→普及の活動に協力いただければと思います。
よろしくお願いします。

最近2つのものを失くしました( ̄◇ ̄;)

1つは私のスリッパ(>_<)
学連合宿の際に勝手に使ってる輩の特定までしていただいていたのに、「そんなに気に入ったか、ならば好きなだけ使うが良い」と放置してみた結果・・・
どうやら持ち帰りやがった( ̄◇ ̄;)
そこまで気に入ってしまったのか・・・と諦めた( ̄▽ ̄)

もう1つは私の秘密のノート!!
日記ではないのだけど、
私の思考ソースを書き留めた大切なデータベースがなぜかなくなってしまい、こちらはちょっとした落胆⬇︎
夏の間、せっせとダウンロードしていた概念情報はいざというときの言語化作業にとても役に立つのだけど、その気になればいつでも拾いあげられるから"まいっか"ってなってる( ̄◇ ̄;)
最近はカバンから溢れる感じで書類関係扱ってて、
何度か適当に放り込んでたときに落としたんだろな(>_<)
普段決まったら道しか歩かないから、
まさかアッシュのメンバーさんが拾ってる、
なんてことは・・・
たぶんないよな( ̄◇ ̄;)

私は毎日同じような行動を繰り返すことを意図的に行なっている。
これをパフォーマンス・ルーティーンと呼ぶ。
有名なところでは野球のイチロー選手の打席前、ラグビーの五郎丸選手のキック前、バレーボールの木村選手のサービス前、トップアスリートの多くは自身の集中力を最大化するための儀式を採用していたりする。

私はこれを日常のそこかしこに大なり小なり相似的に取り入れている。
現在では、
朝スタバに行って
夕方ゲームして、
夜スカッシュして、
営業後時々ゲームして寝る。
※休みの日の夜はスタバに変わります( ̄◇ ̄;)

だいたい同じような作業を意図的に繰り返すことで、
同じ作業から何らかの違いに気づきやすい状態を保とうと心掛けている♫
毎日一瞬たりとも戻ってこない、
同じ事も物も決して存在しないからこそ、
敢えて同じ日常の中から、
自分と外部との関係の変異を見出す。
けど、その変化に何を想うかのコントロールは叶わない。
それでいい、と思っている。
同じように思えて、
今日も少しだけ違うんだなぁ、
というのを眺めることを可能な限り楽しんでいる♫

明日のアッシュに活気が灯りますように💫
失くしたものを見つけるのは難しい。
大切なものは失くして初めて気づく。
ノートは大切だったけど、
きっと誰かに読まれるためになくなったのだ。
自分のお金で買ったスリッパにそこまでの価値はない。
スリッパもノートもそれほど執着はしてなかったみたいでふ。

それではまた明日〆

ツァイガルニク効果広告を狙います!

みなさん、こんにちは。

10月2日にライナーで秋のキャンペーン告知を行います。
広告コンセプトはもうすでに打ち合わせ済みで、
どうにかこうにか人を増やさないとまずいので、
合宿収入を元手に何が効果的なのかを詰めています。
その中でどう扱えば良いのかまだ未知数なのだけど、
面白そうな理論を1つ今日は紹介します( ̄▽ ̄)

ツァイガルニク効果です( ̄◇ ̄;)

ドイツのゲシュタルト心理学者のクルト・レヴィンさんによって提唱されている未完の心理学です。
※詳しく知りたい方はツァイガルニク効果でwikiへ( ̄▽ ̄)
要約すると中途半端に終わった事柄に対して記憶が残りやすくなる現象のこと。
アニメでも、漫画でも、ドラマでも、スポーツ、恋愛でも”続きが気になる”要素満載の物語媒体は間違いなく面白いし、そうなっている時点でそのクリエイターの発信するツァイガルニク効果に魅せられてます( ̄▽ ̄)
逆にいうとすでに完成されていて変化もないから続きに期待が持てそうもない、変化のない対象にはそれほど惹かれないということも見えてくる。
完成、完璧、完結とは文字通り終わりのことなのだ。
“変わらない”を別の言い方で安心とも呼ぶのですが、
たぶん”変化の仕方が変わらない、予測に慣れること”を安心と呼んでいる
のだと私は思います。
また続きが見えない、わからない、考えたくない感じになると恐怖になるので記憶に焼きつきやすい気になる恐怖もツァイガルニク効果の一種ってことかな( ̄◇ ̄;)
でもまぁ、まったく何1つ変化のない対象に価値があって楽しいと思うのもそれぞれの自由なので正しいとか間違ってるの話ではないことをご了承ください( ̄◇ ̄;)
何も変わらないとか私には恐怖ですが・・・
物事にはすべて良いと悪いの両面ありますから、
それを決めるのはすべてあなた次第( ̄▽ ̄)
とにかく今日はツァイガルニク効果というのがある、のお話です( ̄▽ ̄)

さて、現在はどうにかスカッシュのレッスンや広告のビジネスでツァイガルニク効果を活かすことができれば、何かを変えることができるのかもしれない、と模索中♫
というわけで広告に”どうやら何かとっても面白そうな特典”→”それが知りたい!”という人々の知的好奇心をくすぐるメッセージを飛ばそう!と思いました✨

私のレッスンでは明確な答えを提供→できるようになる→もっと上手くなれるかもしれない→レッスンに出る→更なる答えがもらえる♫→どこまで情報持ってるの?→続きが気になる💫
私はスカッシュのコーチです。
スカッシュのコーチングにあたって無敵のインスピレーションを持っています。
これからも信頼していただければと思います。
ただし、信頼が前提です。
結局、ある情報に価値があるのかどうかを決めているのは、
発信している側ではなく受け手側だからです。
私のレッスンはそんな信頼に応えるために真剣であることをこれからもご理解いただければと思います。
ハマるのは一瞬、極めるのは一生。
終わりのない追及に出会えた人はとっても幸運なのだ( ̄▽ ̄)
なのでコーチングの答えにも手法にも完璧などない。
むしろ変わる気のない固定的なコーチングには柔軟性がないので立場や権威にかまけている偉そうな人は疑った方が良い!
あ、アッシュの独裁者である私のことか( ̄◇ ̄;)
だからこそ新しい安定感を常に求めて💫

すべてはスカッシュの世界の活気のために♫
あと、ツァイガルニク効果はユーチューバー活動のシリーズでも活用できるな♫
ていうか、そもそもゲームのシナリオがツァイガルニク効果フル活用なのでどこでやめても続きが気になる( ̄◇ ̄;)
配信もゲームも楽しすぎて廃人化始まっていますが、
それもこれも怪我のせいなんですーーー(>_<)
脹脛と手首治らないとホントに廃人化してまう( ̄◇ ̄;)
まぁ1日30分だったのが1時間になってきた程度ですが・・・

因みに未完成の図形だとツァイガルニク効果は発揮されないようです。
物理視覚とは別の心理的というか、
概念的未達成に働きかけるツァイガルニク効果と覚えておきましょう♫
※詳しくはwikiへ
つまりは可能性のニュアンスは楽しいということです💫
それではまた明日〆


地震が起こって今想うこと、幼馴染からラインきてちょっと嬉しい( ̄◇ ̄;)

みなさん、こんにちは。

今朝も震度4の地震があったみたいですね。
まだまだ油断を許さない状況が続く胆振東部(>_<)
地震の直接的被害は避けようがありません。
被害に遭われた方々を哀悼する以外ないのですが、
停電はその後の対応が求められることなので、
サバイバル知識は今後の我々にとって重要トピックなのかもしれない、
と経験して初めて思います。
各地の様々な被災をニュースで見て、知っていても、
いつか自分の周りでも起こりうるから対策しようとは思ってこなかったことを私は隠さない。
外国で起こった地震を自分のことと思えるでしょうか?
外国で事件があって死者が出て自分のことと思えるでしょうか?
他人に起こった出来事を自分のこととして想像することは難しい。
仮に誰かに何かが起こったとしてもそれぞれの想定力や価値観、経験値が違うことから同じ印象を持つとは限らない。
人間は遠くの人の死を見てもさして何も思わない。
身近な人の不幸を知ると身に染みる。
自分で経験すると実感を真実とする(>_<)
それでも出来事の真の印象はそれぞれによって違う。
※真の印象と外に向けた言葉の多くは違う( ̄◇ ̄;)

人間、生き物はいつか確実に死ぬ。

人間は他者の死を通じて文化を作り上げてきた種、
故に霊長類とかだったらカッコイイのに、
英語のprimate(最高位、優れてる)を語源にしているから相対的言語と意味であるなことにガッカリだ( ̄◇ ̄;)
不思議な力を持ってて、進化の頂点って意味らしいです。
最も創造的で、最も複雑な運命を生きている、
人間に宿っている知性のことを
私は星のクリエイターだと考えている。

とにもかくにも様々な出来事を経験して人はこの世をさっていく。
肉体の死は事実だし、必ず起こる。
でもたぶんその実感はそれぞれによって違う。
みんなそれぞれ出来事や他者の印象の多くを憶測で測り、幾ばくかの手掛かりを解釈としながら関係しているように、他者の死からその印象も憶測している。
その憶測がたぶんそのまま実感へと変わること、
それが私の死生観だ( ̄▽ ̄)

誰しもの身体は母さんのお腹から生まれてくる。
でもその意識はどこからきて、
なぜそうなり、どこへ行こうとしているのか・・・
始まりも終わりも定かではない、
でも確かに機能している目には見えない思考と心とかの何かがそれぞれの解釈を交錯させながら変化を眺めては進んで(存在して)いる。

1つ確実なのはすべてが一瞬一瞬変化し続けている。
同じものが1つとして存在しない。
そして、今以外ない( ̄◇ ̄;)
さらに人間はみなそうなりたいからそうなってる。
いろいろバランス取った結果全部自分で決めてる( ̄◇ ̄;)
理想と現象の間にある妥協のことをバランスと呼ぶ( ̄▽ ̄)
どんな不遇で惨めで不満ばかりの人生の状況も全部自分で望んできたものなのだ、と作家リチャード・バックは著書『イリュージョン』の中でそんなようなことを書いている。

起こっては変化する外部とそれによって変化する実感はリンクしているどころか概念的にはイコールだ。
事実とは実感のことであり、
歴史とは事実の積み重ねのことであり、
社会とは個人の集まりであり、
個人の実感と解釈のことを事実、現実と呼ぶ。

さて、私は何が言いたいのでしょう( ̄▽ ̄)

地震を通じて今私が想うことを残しておきたかったのです。
被災した人、していない人、
想うことはそれぞれだけど、
変化している事実と現象は変わらない。
人の死ぬ事実と現象は究極的にアルティメットな出来事だ。
死とは最も大きな変化であり、
その変化はそれぞれの実感によって違う。
それが我々人間に課せられている生涯なのだ。
最期の瞬間に何を想うのか・・・
※叶姉妹がおっしゃるように時間は今想う今しかないのですが・・・
同じ今はない、だから今しかない、時間もない、以上!
他人のことはわからない。
私の考えていることもわからない。
だから他人に起こった出来事を自分のこととして想うのは難しい(>_<)
同じ人間なのにね( ̄◇ ̄;)

あ、そだ( ̄▽ ̄)
あんまり重いのつまんないからこんなの上げとくか( ̄◇ ̄;)
その昔物心ついたときから大好きだった広島の幼馴染とライン開通♫

彼女今はもう2人も子どもをもうけて、ガッコの先生💫
会えば絶対怒られるから会わないけど元気そでよかった✨
地震被害も悪いことばかりではない?
私にとって良い悪い、
それが現実( ̄▽ ̄)

それではまた明日〆


地震災害の関係で北海道選手権は延期、アッシュは通常♫

みなさん、こんにちは。

昨日は地震による停電と断水の1日でしたね。
その関係で今週末に行われる予定だった北海道選手権は、
延期という結果となりました。
9月中に必ず開催するとのことなのでまた連絡します。
というわけでアッシュの今週末は臨時無料開放とします。
時間は13〜18時(予定)くらいかな( ̄▽ ̄)

さて、せっかくなので停電だった1日について。
完全復旧までには1週間くらいとかいう脅しにも負けず、
私は食パンとバナナとアッシュの水でしのぐつもりでした( ̄◇ ̄;)
バナナはイオンで買いました。

イオンの中から食べ物や飲み物を出して販売してました。
災害時ならではだなぁ、って買ったバナナ✨
これが食パンとめちゃくちゃ合うんです!!
昔母さんが作ってくれて大好きだったフルーツサンドのメインテイストはバナナだったことを思い出したけど、たぶんキウイでもイチゴでも美味なんだけど今の私の懐にはバナナがお似合いだったので私は1週間食パンとバナナで暮らす決意をしていた( ̄◇ ̄;)

停電で信号止まってるだろうから歩いてイオンまで行ってました(>_<)

それでも車は信号無視してそれぞれ自己責任で走っていた( ̄◇ ̄;)
私はそれで良いと思った( ̄▽ ̄;)
信号の数は多すぎるし、道路交通法のあり方も、どれも国民を子ども扱いしすぎなのだ。
自分の安全を守るべきなのは自分であり、
自分が何なのかの範囲であり、本質がなんなのかを自分で考えるための機会を奪っているのが支配と依存の関係だ。
守られていると思っている人はその対象に
守ってやっていると思っている人もまたその対象に甘えているのだ。
法律やシステム、常識は秩序が乱れたときには必ず形骸化する。
いざってときに力にならない対象など力ではないのだ。

誰が味方なのか、
それは他ならぬ自分自身であり、
自分とは何者でもないのだという本質の理解が日常的に求められている。
自分の行いをみんなが同時にやるとどうなるかの良心のことだ。
より良い世界を築くためにみんなが知恵を持てるようになりますように。

停電による真っ暗な夜を迎える直前の空✨

この日の夜空も満天の星空でした💫
21時には電気が復旧してアッシュは通常営業です♫
延期先の北海道選手権は15・16日が濃厚なので、
17日の祝日は休ませてもらおうかな( ̄◇ ̄;)
今後もブログにていろいろお知らせしていくので、
これからもみなさん、よろしくお願いします。

それではまた来週〆

手首痛は筋力で補えるけどルーズさはなくならない(>_<)

みなさん、こんにちは。

なんかダルくて起きれませんでした( ̄◇ ̄;)
何かと思えば昨日1ヵ月ぶりにラリーをしたからです(>_<)
それもヒロトと(>_<)
幸いなことに手首は痛みなくスカッシュできてよかった💫
ただ自分の手首ではないような違和感ありありですが、
とりあえず筋力不足が原因だったようなので、
これからはまた週2でプール暮らしです(>_<)
週末は今年度の北海道選手権なので、
まともにラリーできる程度には戻して楽しみたい( ̄◇ ̄;)

まだ夏の名残は感じられるものの、
もうすっかり秋ですね( ̄▽ ̄;)

夕暮れのプールの青空♫
綺麗✨
空の色は光の角度で決まっている。
すべての色は太陽の光源を元にしている。
1つの核から人間という生物が成り立つように、
すべての物質は1つの原子が寄り集まってできているように、
宇宙の始まりとブラックホールに特異点があるように、
よくわからないところから記憶が始まり、
よくわからないままに終わっていくだろうこの生涯のように、
1つのところから多様な生態系環境と生存戦略センスが生じている相似的なアルゴリズム空間法則のことをバイタルホログラム(生命相似律)理論と私が名付けようと思う( ̄▽ ̄;)

1つの太陽がとりあえず地球のすべてを可能にしている。
でも太陽の原子も私たちの意識もホントはみんなすっかすかなんだよな( ̄◇ ̄;)
私たちがそれに名前を付けているだけなのだ。
昨日ヒロトと話したい後にそんな感じのことを考えてた( ̄◇ ̄;)
明日は9月17日のイベント告知できたら良いなと思います。
それではまた明日〆

旭川スカッシュハウスTV開設中✨✨✨

みなさん、こんにちは。

台風が2つ来ているようですね( ̄◇ ̄;)
2年前の合宿時のことを彷彿させるシチュエーション!
また石狩川氾濫警報注意報ですね(>_<)
今週末のアッシュも通常営業の予定ですが、
いらっしゃる人は暴風雨でのドライブにお気をつけください(>_<)

さて、今日は私が夏から水面下で行なっていることについて紹介💫

8月から公式にユーチューバー活動を始めています♫
Youtubeで"旭川スカッシュ"と検索すると以下のようなアカウントを看板にしたチャンネルが現れます✨

スカッシュの公式戦及びゲストマッチの配信とPS4によるゲームの生中継配信を今後行なっていきます♫
以下現在配信中のコンセプトの説明です( ̄▽ ̄;)
もう、ボスさんとか実力伯仲でギリギリ勝ちますから✨
手に汗握るストーリー展開が大好きならぜひ!!

ターゲットは明成高校野球部の子たちと地元の子どもたちです✨
ゲームの配信の中に本格的なスカッシュやレッスンの風景を織り込んでの私なりのスカッシュ普及活動としていきます♫
ささやかながらトップページにもリンクがあります。

全然ダメリンクなの知ってる(>_<)
ホームページのテコ入れに今モチベーション上がらないので、時期が来たらまた再開してお知らせしていきます(>_<)

とりあえず何でも良いからすればいいとは思ってないんですよ( ̄▽ ̄;)
すべてに意図があるから良いんだ、というのとも違うんです( ̄◇ ̄;)
じゃあ何なのかっていうと、
ただただ下らなくて楽しい感じが好きなんです♫
努力が夢中に勝てないことと関係してます( ̄▽ ̄;)
私はその純度を極めたくて、
この事業であり、
今の関係でありを生き様にしている。
その道はまだまだ途上ではあるけれど、
その道に音連れる出来事のままにやってくるいつかを目指して今後も活動していくと・・・
どうなるんだろ( ̄▽ ̄;)?

とにかく今はあの懐かしきドラゴンクエストのシリーズ第11作目を進めるにつれてその美しいグラフィックと秀逸な物語に引き込まれることを無心で楽しんでいます♫
Youtubeの表紙作りを見てもらえれば伝わるだろうし、
なにより私がゲームを楽しんでいる様子を動画で振り返りながら、次はこうするともっと楽しくなるなぁって毎日が今はとっても楽しい💫
平日16時くらいからの毎日約30分の配信です✨
みなさん、よければ遊びに来てください♫
またチャンネル登録してもらえると嬉しいです(>_<)

それではまた来週〆

新幹線や飛行機のリクライニングについて

みなさん、こんにちは。

先日香港では行き帰り全日空を利用した。
ふと気になったのが座席のリクライニングへの配慮だった。
全日空は後ろのお客様への一声を推奨してご利用くださいのアナウンスを流していたことから、ホリエモンの記事が印象的だったのを思い出していた。

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12184-41501/

この記事は新幹線に乗った時のことで、
彼はリクライニングされるたびに承諾を求められるのが不快であることを主張( ̄▽ ̄;)
シートはリクライニングさせるために作られているし、その快適さのために対価を支払っているのだから、いちいち許可を求めるとかやめてほしいとの見解だ。
私は一声もかけるし、承諾を求められればOKしてきた。
自然とそうしてきたけど、
許可を求めるのも求められるのも面倒だから大人になってからの昨今はリクライニングを使うのを控えるようにしていた。
もちろん何が正しいとかはあるはずもないので、
賛否両論とホリエモンへの批判が飛び交う。

けど、秀逸なのはこういった彼の視点であり、
パブリックへの姿勢だと思う。

彼が何のために発言しているのかの真意に興味はないけど、
こうした何気なくスルーしながら自然と受け入れている言語化されていない多くの習慣によって文化的なパーソナリティが成立している示唆の提供にはとても価値があると思う。
私が文学的に魅力的だなと思う多くの対象は
時代に漂う当たり前の空気を切り裂くユニークな代弁者であり、自分自身の狭苦しさを払拭してくれる文体に精度を伴った美しい言語があることを伝える表現者たちだった( ̄▽ ̄;)

ホリエモンの場合はわざと感じ悪く、極端な言い方をする事で、その大胆で奇抜な発想への注目度を炎上という形で自身の発信価値を高めている。
アンチ論破の姿勢は好きではないけれど、
何かを伝えるための恐れない彼の姿勢は称賛している。
わかる人にはわかる。
批判にさらされやすい人、
批判しやすい人って発信力の強い人で、
その発言はその人の責任でやっている以上、
良いも悪いもない。
嫌な人はその人に近づかなければ良い。
ただそれだけのことなのにネット社会の昨今は匿名で個人に干渉することで互いに汚染し合うという闇を深めている。
ホリエモンはそんなシンボル的な人間の1人なのかもしれないですね。

それではまた〆

札幌から懐かしい人たちが来てくれた💫

みなさん、こんにちは。

お盆ですね💫
旭川には夏の終わりを告げるような冷たい雨が降り続いていますが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?
私は特にすることがないのでスタバにいます( ̄◇ ̄;)
そして昨日の終戦記念日を振り返ってこんな記事に出会いました(>_<)
https://snjpn.net/archives/7355
クリント・イーストウッドの『硫黄島からの手紙』を思い出す衝撃を受けました( ̄◇ ̄;)
戦争を知らない世代として、年齢を重ねるごとに何を想うべきなのかがわからなくなる。
ただ人の一生と価値観は個人によってだけではなく、
時代によって、文化によって、世代によって、瞬間ごとに違う、もっと言うと自分はこうだと思い込んでる常識的な考えさえも違ってたりする( ̄◇ ̄;) ※◯が試されてる
身体も世界も常に変化しているのに、自分の考えだけは変わらないだなんてありえないけど、あり得るようにしてしまえる(信念という名の思い込み)のは人間の意識が現状維持愛好家だから♫
楽だし💫
何が正しいか、間違ってるか、
※思ったこと、やったこと全部正解(事実)になる、が正解( ̄◇ ̄;)
他人や世の中の多数決で決まるのは事実かもしれないけど真実ではない。 例:天動説とか( ̄◇ ̄;)
時代の常識(集団意識)は人に与えられている使命とイコールではない。
人間は誰でもためにならない残酷な方向を簡単に選ぶことができる(>_<)
自分の命とは、人間の一生とは何なのかを大切にしてもらいたいと心から思います。
全体との相対的関係の折り合いってホントに難しい(>_<)

さて、昨日は札幌から珍しいお客さんが来てくれました♫

札幌時代のメンバーさんが揃って来てくれて懐かしかった(>_<)
みなさん、変わらずスカッシュが大好きでいてくれている感じに出会えて嬉しかった( ̄▽ ̄;)
びっくりするくらいみんな元気( ̄◇ ̄;)
今は怪我してるけど私も元気です♫
アッシュの子どもたちとたくさん打ってくれたり、
お土産までありがとうございました✨
これからも続けていくので、
また遊びにいらしてください💫
私たちも札幌に行きます( ̄▽ ̄;)

それではまた〆