ブログ

水道管の破裂を通して思ったこと( ̄◇ ̄;)

みなさん、こんにちは。

今日は水道管工事の日でした( ̄◇ ̄;)
まさかの・・・
工事いらずでした( ̄▽ ̄)
水は問題なく使えていて、あとはお湯が使えれば問題ないわけで、という路線で業者さんにお湯の管を調べてもらったら破損した古いお湯の水道管のバルブが特定できたのです✨
ということはそのバルブさえ閉めれば古いお湯の水道管の使用も汚れた水の混入の心配もなくなり、問題なくお湯を使えるということになりました💫
しかも業者の人件費をアッシュのオーナーが負担してくれることになった♫

そして、今回の水道管破裂の真相はたぶんコレ( ̄◇ ̄;)

2階の使われていない給湯栓が折れていたことが判明( ̄◇ ̄;)
踏むか、青のソファで押し込んだかしないとこうはならないとのこと・・・
すぐに破裂せず時間差が発生したのは内部の凍結の関係だとか・・・

いずれにせよ、
今回の水道管破裂の結果を受けて今後一層気をつけていこうと思いました( ̄◇ ̄;)
※日曜日の朝が−22度ってなっているのが不安すぎる・・・

今回の件は一言で言うと運がいい( ̄◇ ̄;)
ていうか、アッシュの神様からのちゃんと手入れしろってことだと思う(>_<)
これで理解できないならきっともっと凄い想定外のトラブルが待ってるのだと思う⤵︎
だから今回の水道管破裂は結果ではなく、次へのプロセスであり経験なのだ💫
この経験が私にとっての“せずにはいられないこと”となって、私の行動の傾向を変え、その変化が少しずつ少しずつ重なった情報を受け取り続けた末端の思考であり個性のことを人は人格と呼んでいるのだ。
だからケースと経験に応じていくらでも変化する💫

最近というか、この1週間で身の回りのものがずいぶん壊れた( ̄◇ ̄;)

水道管破裂とシャワーのノズル破裂だけではなく、若干雨漏りしているとこあるし、アッシュの電子レンジが実は壊れてるし、部屋の取り付け棚も落下したし、あとは何だ?ある意味人間関係も壊れたし・・・

すべてのものはいつかは壊れる。
でもそれは同時に変化を意味し、場合によっては新しくなってさらに良くなる。
何かが終わるということは何かが始まるということ。
つまり、分かりにくく表現すると
生きてる限り毎日の一瞬のすべてが結果でありプロセスなのだということだ( ̄▽ ̄)
そして何度でも繰り返そう。

個人の人格とは達成ではなく、何を乗り越えたかで決まっている

もっと言うと何を決めたかで乗り越えるべき達成が変わる。
さらに言うと結果や達成は次の目標と目的の設定を決めるためにある。
つまり目標や目的が更新されるたびに一瞬の決定の質が変わるということだ。
“結果や達成だ!”と自分で思えたことのプロセスの中で価値基準の変化も起こる。
その飛躍的変化のことをブレイクスルーと呼ぶ。
ブレイクスルーは結果や達成、壊れたり、終わったりをきっかけに別次元のプロセスを約束してくれる。※上を目指すとかは相対的なことだから向上とは呼ばないし、比較の機能した向上心が必ずしも善かといえばそうとは限らない( ̄◇ ̄;)
だからブレイクスルーという結果さえも1つのきっかけに過ぎない。
きっかけというプロセスを繰り返し目指していることに必要な経験と情熱を注ぎ込むことの価値を学ぶ。その学びに出会えた機会とその機会に気づいた先にある一瞬が尊いのだ。
それは子供も大人も変わらない。
壊れて、終わることを恐れない。
そのことで人も環境も新たな目的を有した新陳代謝で一瞬を刻むことができる。
「アッシュ終わった・・・」とか言ってる奴もいたが・・・
終わりなどない・・・
あるのは予定通りの行き当たりばったりだけ( ̄◇ ̄;)

それではまた〆