ブログ

映画の夏『グレイテストショーマン』編

みなさん、こんにちは。

今日は久しぶりにどうでも良い話から( ̄◇ ̄;)
8月に入ってから夜の活動内容を改めてすっかりリフレッシュして、
清々しい夏の毎日を満喫できていて結局それが一番私のしたいことなんだと実感します。
とにかく“さー”と風がそよぐような瞬間の連続を愛していたいだけ( ̄▽ ̄)
終わり〆

最近はスターバックスから戻ってきた夜にまた映画を見るようになりました✨
※年に1回か2回まとめて映画を観る傾向がある( ̄◇ ̄;)
この頃占いの話をよくすることもあって
占い特有の“誰にでもあてはまる”ようなあの言い回しってどんな技術なのかを調べていたら、
どうやらバーナム効果というらしいです💫
あらかじめ“あなたはこう!”という特定の枠(占い等)や立場(権威)で「こうだよねー」とされるとつい「それわかるわー」って自分のことだと思っちゃう現象がバーナム効果( ̄▽ ̄)
権威のある偉い人や常識を述べられた時に疑わずに従っちゃう、あの「この人のいうことなんだから間違いない、自分もこうしないと!」という決めつけてつい信じちゃったりするのもバーナム効果でそうとは知らず経験的にバーナム効果を利用している人は結構たくさんいるっていうかもう自然現象に近い( ̄◇ ̄;)
じゃあ、そのバーナムって何!?って調べたらある人物の名前が由来になってました💫

フィニアス・テイラー・バーナム

19世紀の興行師のバーナムはサーカス興行の創始者でした( ̄◇ ̄;)
その奇抜で奇想天外で波乱万丈な生き様は伝記映画にもなっていたので今回はそのお話です✨
『グレイテストショーマン』

とにかく面白いことがしたくて
とにかく一角の人物になりたくて
家族との幸せだけを願って・・・
ありとあらゆる境遇にチャンスを見出そうとするその姿勢に拍手喝采の映画でしたよ♫
主演はヒュー・ジャックマン
映画はアカデミー賞にもノミネートしたミュージカル映画です✨
2018年の評判の映画ということで観てみて、
「ホントだ、面白かった♫(評判や評価の枠の中に自分もいたってこと)」とかもバーナム効果( ̄◇ ̄;)
誰もが賞賛、評価、定義する枠に自分も収まったという実感のことをバーナム効果と呼ぶようです( ̄▽ ̄)
そんなこと言ったら自分で自分のことを確認できる材料はなんでもバーナム効果ってことになるから上手く説明するのに境目がなくてちょっと困りました(T-T)
私の中で現実とはすべて自分のことをチェックする現象だと思ってるからなおのこと・・・
いろんな映画を私視点で楽しんでいるのでまた紹介しますね♫

それではまた〆