ブログ

明日から全日本ジュニア引率に行ってきます( ̄▽ ̄)

みなさん、こんにちは。

何とか更新に間に合わせるー( ̄▽ ̄)
そして今日の報告は明日からは臨時営業日です、のお知らせです。
IMG_5888[1]
エンジョイフリーコートウィーク2018

明日からは横浜で開催される今年度の全日本ジュニアの引率に出かけてきます。
今年はまゆき、そうがにゆうき、いくや、ゆうたという小中学生が加わり5人での遠征です。
去年、一昨年とずっとまゆきとそうがの2人での固定メンバーだったのが一気に3人増えた♪
旭川は地方の中でもかなり遠く、
理解を得るのはとても難しいとされてきたけど、
こうしてコンスタントにスカッシュへのチャレンジを継続的に行えていることが、
今の私の事業の大きなモチベーションにとても大きく関係している。
みんなまだまだ発展途上ではあるけど、
確かな成長を知ることはもうわかっているのでその光景がいかなるものなのか、
この目で確かめる瞬間が今から楽しみで仕方がない\(◎o◎)/!
ジュニアスカッシュに携わっていると春が来るとはこういうことなのだというのが、
とてもとても感慨深くて嬉しい気持ちにさせてもらえる。

今年は札幌のしんぺーと横浜のみおんちゃんがU19でジュニアを卒業する。
彼らもまた私にとって特別な存在だった(T_T)

あれからもう6年がたったのか・・・
来年はイッサが卒業するし、
その次はまゆきが卒業していくことになるのかと思うと少し切なくもなります。
けど、最後までスカッシュに関わってくれた子どもたちにはもれなく私からの授けものを提供しようとうってつけの証を見つけました♪
そんな遠征報告は旭川に帰ってきた29日から連載形式でアップしていきます✨
4月からは再び生きた文章を平日毎日更新を予定しているのでお楽しみに!!

始まりであり、終わりでもあるこの季節特有の風と匂いを感じてきたいと思います( ̄▽ ̄)
今年も子どもたちと遠征に行ける幸運を噛みしめられて私はとても幸せだ♪
とりあえず明日は私の試合が控えているので支度をして寝ようと思います。
待ってろ、春日ぁ!!

それではまた来週木曜日に〆

イスタンブールにて 中編5




歩いている内に潮の匂いに混じって、魚を焼くやたらと揺れている船があった。きっとサバサンドのためのサバを焼いているのだ。その匂いに誘われて、船の近くに足を運ぶとどうやらもう営業を始めているようだった。
桟橋にはたくさんの観光客らしき外国人で賑わっている。
サバサンド屋の景気は大変良さそうだった。
次から次へと売れていくので、店のトルコ人のおじさんはサバを捌いては頭を海に捨てていた。それにあやかるカモメの群れが無数に集まっている。こんな朝がもう何十年も昔から続いているのだろう。
ここのカモメは日本の鳩のように人を恐れていない。
そんな様子を眺めていると店のおじさんが「こんにちは~、いいお天気ですね。」と話しかけてくれた。
サバの切り身を味見させてくれた。
忙しいのにありがとう、という気持ちで食べた脂の乗ったサバの身がおいしかった。フランスパンにレタスとニンジンとたまねぎにサバの身を挟んだサバサンドは5トルコリラ、だいたい400円。
サバを丸ごとパンにはさんで食べることに特に抵抗もなく齧り付く。
塩とレモンの風味がサバを引き立て、パンの食感はサバの風味と絶妙にコラボレートしていた。
とてもおいしかった。
それがおいしそうなのをいつかのテレビで観たことがあって、何気なく憧れていたのだ。オレにとって、トルコといえばボスポラス海峡のサバサンドだった。

5/10