ブログ

ウイグルにて 3




この東京の渋谷にも似た群衆の様子から軽く100万人はいるだろう。
見渡せば椰子の木が見えるような砂漠のオアシスを期待していたのだが、大都会というのはどこも同じようなものなのだなとややガッカリもした。
ビルが林立し、縦横無尽に道路が交差して、大量の車が大量の排気ガスを撒き散らしていた。都市的な格差も目立っていた。自然を完全に遮ることを実現しようとしている新市街と砂嵐に運ばれてくる砂をそのままあるがままに受け入れるかのようにテントを旗めかせる旧市街の市場との間には強烈な隔たりを感じた。
こんな辺境のオアシスにもまるで東京の新宿のような街並みと大量の市民生活を可能にしている中国の国家権力と経済的躍進には聞きしに勝る印象を抱かざるを得なかった。 
とてもとても大きな都市だから街が賑やかなのはあたり前な感覚ではあったけど、やけに騒々しい。その様子は所々で少し度を越していて、デモにしては騒がしく、メーデーにしては乱暴だった。爆竹の音に混ざって銃声のような狂気の火薬音も耳にした。ブラブラしていて出会ったその群集がかざしている旗を見ることでようやく理解した。
ウイグル族が独立を主張しているのだ。
何が契機になったのかは知らないけど、ウイグルの人たちと海側で暮らす漢民族とでは顔も文化も違うことはオレの眼にも明らかなことだった。そんな地域の人たちと中国政府がうまくやっているとも思えなかった。
つい先日、チベットの独立運動を武力で鎮圧したというニュースを何となく日本のニュースで見ていた。
中国当局による情報規制が徹底されていて、中国政府とチベット亡命政府とで報道に違いがあるのが中国らしいなと思っていた。
事実を虚偽あるいは隠蔽で歪めるのは中国社会主義のお家芸である。
かつてブラッド・ピッド主演の『セブンイヤーズインチベット』も中国では上映が禁止になったこともある。
オレ個人としては実在の登山家がモチーフになっていることと自然描写がとても美しく撮影されていて、「目立つことが重要なのではない」というセリフやドビュッシーの月の光のオルゴールで終始する物語はとても秀逸な映画であると思っていた。
ただ、その内容がかなりアメリカ視線で独裁政権である毛沢東の描かれ方というのは確かに少なからぬ偏りはあったかもしれない。
でもそのことが一概に嘘ではなく事実である以上、中国政府としては隠蔽するのではなく事実は事実と認めて悔い改めるのとでは国家としての国際的な印象もずいぶん変わってくるのだけど、そんなことは絶対にしない。
そういう意味で中国という国家はまだまだ開かれてはいないのだ。
急激な経済成長を遂げる中国政府の抱えるリスクの一端を見た気がした。
ウイグル族による今日の騒動というのもそれと無関係ではないのだろうなと思いながらオレはウルムチの街を巡る。

3/5

ウイグルにて 2




黄河の源流よりもはるか向こうの中国内陸部の土地は思っていた以上に荒涼としていた。長い年月とともにあらかた奪い吸い尽くされてしまったかのような茶色の大地が雲ひとつない青い空だけをコントラストにどこまでも広く続いていた。
空気が乾燥しているのだろう。
標高の高い巨大な山脈に囲まれたウイグル地区のほとんどは雨が降らないために大部分が不毛な砂漠と化している。
永遠とも思える変わらない丸裸の山が連なる道を進んでいると、このあたりがまるで海の底のようにも思えてきていた。
その荒涼とした土地の根源にはあの有名なタクラマカン砂漠が悠然と砂めいているのだろう。
5000メートル級のまだ雪を被っている山脈からの風は冷たくて強そうだ。
広大な土地には巨大な風力発電機だけがいくつも刺さっている光景がかなり続いたこともあった。結構な電力になっているはずだ。
時折足を下ろした停車駅の構内でも砂の嵐が吹き荒れていた。
夏が深まればまた違った風が吹き、違った顔の風景になるのだろうけど、まだ春がやってきたばかりのウイグル地区に見える植物たちは相当に生命力を振り絞りながら乾ききったその大地の一部としてたくましく根付いていた。
あれほど人の気配に満ち満ちていた中国都市部の風景が一夜にして人が生きていくのを拒むかのような土色に変わっていくのをウルムチへ向かう寝台列車に乗りながら眺めてきた。
どこまでも変わることのない土色の風景に大陸のスケールの雄大さを感じていた。大地の厳しさがオレの目に焼きついてくる。
そうやって約2日を要して到着したウイグル地区の中心都市ウルムチはとてつもなく巨大な近代都市だった。

2/5

ウイグルにて 1



20歳、大学2年の春。

手元には250万円程度の貯金があった。
高1から高2の秋に近所のゲームセンターの中学生たちを相手に稼いだ。
メダルコーナーのメダルを店よりも安価に取引して現金を手にする術と知恵を適当な中学生たちに情報として与え、やがて生じた未返済メダル所持者を対象に発行した債券証書という名の”お願い券”を有価証券化する。
その流通をうまくコントロールするブローカー役を約1年半演じることで数100万という単位の現金を手にすることに成功した。
大学受験を境に引退するも、それでもまだ250万円程度が残っていた。
そのうちの200万を現金化して登山用の大きめのショルダーバックにぶち込んだオレはシルクロードを旅していた。
時間をかけて各国領事館へのビザ申請も一通り済ませて、北京に飛んだオレがまず目指していたのは中国最奥の都市ウルムチ。
移動手段は鉄道、ほんの2か月程度ではあるがルートと予算とを大まかに計画して、全財産を注ぎ込むつもりで、オレは特に目的を定めない旅に自分を委ねることにしていた。

ただひたすら遠くへ行くことだけを目的としたその旅は人間の文化の多様性と砂漠とオアシスの恵み、そしてある種の愛を知る旅となった。

1/5

今後のブログ方針について

みなさん、こんにちは。

今日は今後のブログでの活動方針についてのお知らせです。

今後はしばらく私の過去の旅行記を連載していきます\(◎o◎)/!
もちろんイベントのお知らせやアッシュでの活動内容、面白いことのお知らせは
今後も発見次第怠りなくレポートしていくつもりでいます。
ただ、私に時間を下さい(>_<)
勝手な都合で申し訳ありません(>_<)
平日のブログ更新は純粋に楽しく、楽しいことを時間をかけてやっているのですが、
平日、週末、休日全てに(スタバで)没頭してたいことを”いくつか”抱えています\(◎o◎)/
この成果は必ずスカッシュの世界で貢献することにつながるはずなので、
私のライフスタイルにおけるブログの時間を効率化させていただきたく思います。
平日週5の更新は今後も落とすことはしたくありません。
ただその内容の比率を一新しますというただそれだけのお知らせでした\(◎o◎)/!
※結局誰にも相談せんかったな( ̄▽ ̄)

というわけで次の月曜日からしばらくの間、
中国からロシア経由の中央アジアを列車でイタリアを目指すというお話を連載します✨
※先日文章確認したのですが、5、6年前からそこそこの文体の精度で安心しました( ̄▽ ̄)
 容量は16/35~22/35の部分なのでかなり長い旅行記になると思っててください(>_<)

あ、それと2月13日(火)のライナーの子どもの習い事コーナーに告知することとしました。
IMG_5734[1]
17時からのジュニアタイムを再び賑やかにするべく投資です✨
子ども習い事コーナーとしての新しい企画なのでチャンスかなと様子を見たいと思いました♪
大丈夫、きっと上手くいくはずなので楽しみにしていてください☆
今日も明日も来週もいろいろやり続けていきたいと思います!

それではまた来週〆

いつもいたはずの人が久しぶりに現れた✨

みなさん、こんにちは。

帰ってきたヒロト
ヒロトは肺炎だった\(◎o◎)/!
私は先日の日曜日に会えて、
そのことを知らされてビックリ( ̄▽ ̄)
1週間も40度出し続けてなんとか無事戻ってこれたようです。
どうやら40度が続いても人間は死なないようですね。
なるほど、過度なショックの方が累積よりもダメージとしては大きいようですね。
致死量とは致命的瞬間、致命的負荷のことのようだ。
もちろん”じわじわと・・・”という概念もあるのだろうけど、
究極の結末というのは瞬間に要約されるのでしょうね。
とにもかくにも病み上がりのヒロトでも十二分に強すぎて笑える(>_<)
強すぎるヒロト

ちなみに成人式連休での東北オープンの時点で
ヒロトはもうすでに肺炎を発症していたようで予選決勝はかなり体調不良だったみたいです。
マジックの吉永さんは強かった、とヒロトは言うのだけど、
ヒロトに勝つ人たちはどうやってラリーに応じて点数につなげているのかがわからない(>_<)
彼にプレッシャーをかけられないからドライブを返しているだけになる↓↓↓
病み上がりのヒロトですら手に負えないことにちょっと危機感を覚えました。
私自身が常に誰かに合わせてスカッシュをしてしまっているため
戦略のための時間も、戦術もほとんど想定できていないことを気づかされる(>_<)
ヒロトを追いかけてないとどうなるかというと、
今度はまゆき、そうがも手に負えなくなるのは嫌だからどうにかしよう!
”どうにかなる!”と新しい行動をしだすと新しい経験ができるようになるのです✨
考えてから行動したら負け( ̄▽ ̄)

それではまた明日〆

PS:ヒロトにあげた年賀状( ̄▽ ̄)
IMG_5649[1]
一見邪悪そうに見えて、めっちゃいい奴という私の中のヒロトイメージ(>_<)
すっげぇ怖そうに見えて優しいっていうバランスに憧れる(>_<)
彼のスカッシュがアッシュで見られるのもあと1年、
限られた時間であるがゆえに今年もよろしくね♪

2・3月のイベント営業日のお知らせ

みなさん、こんにちは。

今日は2・3月のイベントスケジュールのお知らせです。
IMG_5718[1]
2・3月イベント営業日のお知らせ

もうほぼ決定事項となっているのでブログ先行でお知らせさせていただきます。
2月11日の春日選手イベントは現在告知中なのでフロントにてぜひぜひお申し込みください。
また2月12日(月)は春日選手のイベント参加者に無料で開放します。
この2日間は北大生が多く来てくれる予定になっているので、
交流及びスカッシュの練習をしてみたいな、という方はぜひ春日イベントに♪
お得ですよ✨

3月のイベントも決めさせていただきました。
アッシュ卒業旅行とは4年生の創くんと慧悟を追い出す旅行です。
2人の学生がスカッシュに興味を持ってくれなければ今日のアッシュはありませんでした。
そのねぎらいを兼ねて、ゆかりあるメンバーでの宿泊イベントとさせていただきます。
ご理解いただければと思います(>_<)
臨時営業日としての利用はする予定でいるのでよろしくお願いします。

アッシュゲームは野球部VSアッシュ会員の図式で楽しいゲームイベントを予定しています。

3月21日のゲストイベントは強力な選手の招致に成功したので告知をお楽しみに♪

3月24日~29日は横浜で行われる全日本ジュニアへの引率をします。
この週も臨時営業を予定しているので後日改めてお知らせいたします。

春が近づくにつれてこうしたイベントごとが多くなってくるのですが、
ぜひぜひスカッシュシーズンの到来とばかりに楽しんでいただければと思っています。
可能な限りイベントの開催はしていくつもりなので
今後ともよろしくお願いいたします✨

それではまた明日〆

『人生はニャンとかニャる』

みなさん、こんにちは。

完璧の璧って下が玉なの知ってました?
私は37年間ずっと土だと思ってました(>_<)
”璧”とは傷がなく美しく立派な宝玉のこと。
完璧とは傷のない玉、
秦の昭王時代、趙の国に"和氏の璧(かしのへき)"という美しい宝玉があったそうです。
昭王とは秦の始皇帝のことです。
"和氏の璧(かしのへき)"存在を知り15の城下と交換に欲しがります。
しかし、趙王はそれを信じず藺相如という参謀を使いに渡す。
藺相如は趙王に宝玉を傷つけずに交渉を果たすことを約束。
して、思った通り城下を渡すつもりがない昭王と宝玉を巡って駆け引き。
藺相如は部下に宝玉を持ち帰るよう隠し通路へ逃がし、
交渉人である藺相如は命がけで昭王の決定を待つ。
死をも覚悟した藺相如の賢さと知性に昭王に称賛され、
藺相如はやがて無事趙国に返されるという伝説。
完璧とは、
完璧而帰(璧をまっとうして帰る)という故事から、大事なことを成し遂げることや、欠点が全くないさまを表すようになった。
漫画『キングダム』の時代のお話ですね。
始皇帝時代の人間関係や社会の成り立ちも面白エピソード満載ですね♪
最近、これでもかってくらい完璧、完璧、完璧って耳鳴りのような史上最多の成り行きから興味を持ちました( ̄▽ ̄)
なるほど、そういうことだったのか\(◎o◎)/!
よーし、これでもう間違えないぞ!
司馬遷の『史記』、聖書と並んで偉大な歴史書ですね。※改竄されてるけど(>_<)

さて、またいつの間にか手に取って自分のもの、アッシュのものにしてしまった( ̄▽ ̄)

IMG_5715[1]
末来屋書店は危険ですね(>_<)
せっかくアマゾンで安く本を落としてるのに、
本屋で定価衝動買いをしたら元も子もないのになぜか迷わないのはなぜだー(T_T)
少しは迷ってほしいけど、
これで何が起こるのかの方が楽しみにしてしまってるんでしょね\(◎o◎)/!
時間のある時私もアッシュで読んでみよ( ̄▽ ̄)
パッと見、思った以上に知的でした。

それではまた明日〆

冬のKGセントラル大会のお知らせ

みなさん、こんにちは。

久しぶりに朝まで無我の境地を達成してしまい夜になって後悔(>_<)
今日は15時から活動始めて、16時にアッシュの灯油対応をして、自動車整備して、
今日は24時まで東光のスタバで頑張ろうと思ったのだけど・・・
ノートとパソコン作業していたらやがて脳がショートし始めて頭痛い(>_<)
全然降りてこない\(◎o◎)/!
まるで二日酔いのようだ(T_T)
無我夢中はとてつもなく楽しい側の相対的時間が機能する。
そういう時間がその世界のある種の何かを生じさせることは確かなのだけど、
それが何の役に立つのかはとりあえず春になってからのお楽しみだ\(◎o◎)/!
楽しい時間はあっという間に過ぎ去ってしまう理論のことを相対性理論と呼ぶ✨
アインシュタインもきっと朝まで無我の境地に没頭しながら多くの理論へのインスピレーションを高めていたのだと思う♪
でも今はスタバでやっていたいことの犠牲を考えるとあまり役に立たなそうだからとりあえずもうしません(T_T)
頭痛い(>_<)
でも夢中は楽しい\(◎o◎)/!

さて、今日は冬のKGセントラル大会のお知らせです。

今年は3月3・4日(土日)のようですね。
IMG_E5716[1]
アッシュのフロントにてエントリー用紙を用意しているので名前を記入してください。
3月の私はイベントが多い関係でこの大会の引率はしません。
でも教育大の学生は行くと思うので試合のフォローは安心してください♪
きっと彼らが助けてくれるはず( ̄▽ ̄)

もう長ブログが病みつきになっている方たちには申し訳ないのですが、
今日はあまりに頭の回転が悪いのでここまで\(◎o◎)/!
それでは今週もよろしくお願いいたします〆

全日本ジュニア募集要項について

みなさん、こんにちは。

昨日も泳いできました。
そうがと( ̄▽ ̄)
プールで息も絶え絶え一生懸命な姿が面白いから見てあげてください、とそうがの親御さんの観覧を誘ったのになんか前回とは見違えるように泳げるようになってて普通でした(>_<)
3日目にして水を掻く感じが伝わったようで、
そうがはもう25Mを苦もなく泳ぎ、
上半身に確かな負荷をかけてのトレーニングが可能になっている\(◎o◎)/!
泳いだ後の筋肉の張りも前回とは比較にならないほどの隆起でそうがは嬉しそうだった✨
でもそういう人を私はキモイと思う\(◎o◎)/!
あと2.3回もレクチャーできればそうがはバランスのいいストロークができるようになって、3月の真ん中くらいには今着ているシャツがパツパツくらいになれば、理想\(◎o◎)/♪
上半身を鋼鉄のように鍛えてのミスなしスカッシュでこの大会で目に物見せてくれるー✨

今年の全日本ジュニアの募集要項が出ました。
IMG_5713[1]
3月25~27日(日~火)の3日間大会ですね。
以前定員120名を越えてしまいエントリーできなかった選手が出たことがありました。
けど今大会でそれはない、という協会の判断なのでしょう。
楽しみです✨
今大会のアッシュからは5人のジュニアがエントリー予定です✨
札幌からは3~4人は出るんじゃないかな( ̄▽ ̄)
うん、北海道の選手が少しずつ賑やかになってる感があるぞ♪
出るって決めた子たちの目の色が違いのよくわかるレッスンになってきているのが良いです✨
申し込みは1月30日(火)からとなっています。
早めの申し込みと旅程を決めないといけませんね( ̄▽ ̄)

さて、昨日は泳いだ後にそうがの家族がお寿司をごちそうしてくれた♪
IMG_5712[1]
お寿司とかいつかの学生たちといって以来だった(>_<)
たくさん食べさせていただきありがとうございました✨
人と一緒にご飯が食べられて楽しかった♪
そうがの春が楽しみですね!
どうかケガやインフルになりませんように(>_<)

それではまた来週〆

TWO札幌&新横浜の募集要項のお知らせ

みなさん、こんにちは。

ふとイオンモールを歩いていると・・・
GAPの店内からも聞き覚えのある声とメロディが・・・と思ったら
ヘイゼル・イングリッシュさんの”Never going home”だった( ̄▽ ̄)

水面下でかなり評価されてるんだなぁ、と今日も調べてみたら、
彼女2017年のグラミーの最優秀新人賞にノミネートしてますね!!
アッシュでは誰も評価してくれない私のミュージックチョイスセンスに共感してくれる人がそんなところにいるとは・・・
彼女の曲創りは特別な意思に基づいています。 ※何もエピソード知らんけど\(◎o◎)/!
もしも彼女が本気でグラミーを求めているのであれば2017年の最優秀は彼女のものだ。
わかる人にはわかる、まぁそんなことのために音楽活動はしてないと思うけど彼女の意思を反映させるのには大きなチャンスだからやはり彼女は最優秀だ( ̄▽ ̄)
それくらい特別なメロディと歌詞が彼女のアルバムには込められている♪
グラミー発表は2月、学生の頃は毎年注目してたけど今はもうどうでもいい。
ただし、ヘイゼル・イングリッシュの『Just Give In/Never Going Home』を除いて✨
※もうタイトルが( ̄▽ ̄)

さて、今日はTWO札幌と新横浜募集のお知らせです。

http://clk.nxlk.jp/HckuebZl
3月24日(土)の札幌大会に私はエントリーします。
※3月25日(日)は全日本ジュニア引率の関係で現場にいません(>_<)
今年は運良く全日本に出るために去年以上にポイント集めたいなぁと思っている( ̄▽ ̄)
その最初の一歩ですね✨
子どもたちがとても成長しているので一緒にコートで打っているだけで私の状態はたぶん昨年よりは良い形で試合に出られると思っている。
あとは習慣的に真剣に勝つこと、挑むことを想定できれば札幌時代のようになんか勝っちゃったみたいな展開が増えてくるはず\(◎o◎)/!
あの頃と比べると違う方向に集中してる感があるから結構難しいんですけどできる限りは♪

http://clk.nxlk.jp/F8D1TFUQ

3月17・18日(土日)の新横浜大会にはまゆきがエントリーする予定です✨
彼女は現在絶賛受験の真っ最中なのですが、
週末以外はレッスンに現れては毎日メキメキ技術を高めている\(◎o◎)/!
コーチバカで構わない、はっきり言って楽しみしかない\(◎o◎)/!
でもまゆきの課題はそのセンスをどう扱うかで結果が変わってしまうこと(>_<)
その場、その瞬間の気分をどれだけ良い方向に持っていけるか、
”勝ちたい!負けたくない!”の類の気持ちでは同じ結果が待っているので、2月以降の対話を通じて信じられないくらいパフォーマンスの上がるお話をしてあげられたらと思っている✨

最後に最近は過去の長編をどう分解していこうかとリメイクしているのだけど、
どのパートも面白くて気に入ってるのと、
新年18日目にしてスカッシュネタは途切れそうな感じなので
過去ネタを小出しにしていこうかと思っているのだけど、ダメかな\(◎o◎)/!?
今後ちょっと会員さんと相談しながら検討してこうと思っている( ̄▽ ̄)

それではまた明日〆