ブログ

旭岳に行ってきました☆彡

みなさん、こんにちは。

今日9月25日は主婦の日らしいです。
そして、今日が私の父の誕生日であることを思い出しました\(◎o◎)/!
もう定年を迎えているのですが、毎朝仕事に出ているはずなのです。
主婦の方々を想うよりも父のことを思い出していました( ̄▽ ̄)
私の母は主婦だったのですが、
定年過ぎてなお独自のバイタリティーでバリバリとビジネスしている\(◎o◎)/!
うまくリラックスしながら平穏に暮らしていてほしいといつも祈っている。

さて、先日は旭岳に登ってきました♪
旭川でのスカッシュパートナーであるSッピーと一緒に行ってきました。
北海道に来て10年、ずっと登りたかった大雪山に今!!
旭岳スタート

周遊コースからきれいでした☆彡
若干紅葉は終わり気味だったかな・・・
広い周遊コース

なぜならもうすでに山頂付近は白く染まりきっているほどの冬の気配が・・・
それでもどこにでも人はいました\(◎o◎)/!
登山道

7合目あたりから雪が足元にやってきて
雪と傾斜

8合目からは雪と傾斜と風と戦いながらの登山を経験\(◎o◎)/!
雪山登山

それでも山頂に到着~☆彡
旭岳山頂

行きも帰りもこのマズイ足が最大限に私を苦しめてくれました\(◎o◎)/!
まずか足

それでも楽しかった♪
雪と霧で何も見えない上に風が強くて小屋もないことからまったく休むことができない。
それでも登ってきてよかったと思えた。
旭岳登頂の達成は今年一番の感動でした。
目標があって達成があるとはいえ、山を登って降りる・・・
これほど無駄な労力はあるのだろうかと考えれば、
おそらくその行為に意味はない\(◎o◎)/!
でもこの意味のない達成を通じてとてもクリアな気持ちになることができたことを忘れない。
そして、山頂にて真っ黒だった雲から太陽の兆しと淡い光の恩寵を見れたことを
決して忘れないと思う。
太陽の兆し 小
黒い雲と太陽

シンプルなことほど優雅で美しい。
ずっとこんな単純な出来事を求めていたのだと思う。
そうだ、私はこんな気持ちでスカッシュを始めたのだ☆彡

瓦礫の下りはこんな風景を眺めながら、終わりを惜しみながらの帰り道でした。
帰り道

とにかく1歩1歩がスリリングだった☆彡
さ、山の話をしましょう♪
来年はトレッキングトレーニングでトーナメントの山を登りますよ~\(◎o◎)/!
山の地図

それにしてもあの状況下であの人たちはまだその先へ行くのか~\(◎o◎)/!
まだ先に行くのかよ